12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-07-03 (Wed)
消費者って言葉、
前から嫌いなんですよね。

マーケティングのビジネス本を
読んでいた時期がありましたが、

結局のところ、

さまざまな世代の消費者に
世代に合わせて、
性別に合わせて、

流行を仕掛けて
マーケティングという名の
ある意味ナチュラルな洗脳!?をして

自発的に買ってもらう

消費者は知らず知らずのうちに
狩りの本能を刺激されて
買ってしまうという

そんなマーケティングの
仕組みとテクニックが
いろいろ書いてある本でしたね。

本の名前は忘れましたが

キーワードは
懐かしさ
狩りの本能
フレッシュな性の刺激

みたいな感じ。

本の中で比較になるのは
商店街的な店舗とコンビニ

昭和的な商店街店舗では
店員さんが待ち構えいて
買って買ってとアプローチするので
狩りの本能が刺激されない

コンビニは
若い店員が(そうじゃないこともあるけど)
短期間で変わり、
忙しそうに動いている
(ひまなときは止まっていますが)
たくさんの商品が並んでいて
狩りと性の本能が刺激されて
買いたくなるって感じ。

懐かしさは
それぞれの年代が
懐かしいと感じるものを
またコレクションしたくなる心理を
ついたテクニックだったかな?

Shiroも買い物好きだし、
きっとマーケティングの餌食になっていると
思いますが、

消費者であるよりも
創造者になりたいと最近よく思います。
消費者の対義語で
創造者って書いたんですが、
いわゆるクリエイターですね。

人間一人ひとり
もって生まれた才能や特技、
趣味は違いますよね。

もしお金という
制度がなかったとしたら、

必要なものはみんな自分の家庭で
あるいは自分の町で作って
(昔でいうムラですね)
お互いに
物々交換するのではないでしょうか?

物を交換する券がお金。
お金がなければ必要な物が
手に入らない世界って、

当たり前になっているけど、
不自然な世界なのかもしれません。

これってオタクっぽい発想なのかも?
しれませんが、

『欲しいものはつくっちゃおう!』
っていうのが、
これからの時代に必要なのではないかな。

例えば無農薬の野菜食べたいのなら、
プランターや庭の片隅で
つくっちゃう。

無添加の化粧水欲しかったら
それもつくっちゃう。

で、つくれないなら、
つくれる人を探して
自分のつくった物と交換する。

そんな世界があったら
おもしろいのになって
最近思うのです(*^^)v

もし消費者として生きるなら、
賢い消費者でありたい。

ホンモノの製品をつくっている
本物の善意のある会社や
生産者から
買いたいものです。

たくさんの消費者が
賢くなったら
いろんな企業も
いい方向に変わって
本物をつくるかもしれません(^^♪
スポンサーサイト
| 趣味 サバイバル | COM(0) | TB(0) |
2012-11-06 (Tue)
資格試験も終わったんで、
以前からつくろうと思ってた
米のとぎ汁乳酸菌培養を
はじめました(^O^)

広島のうたたねの里の玄米3合に

広島の奇跡の火の泉のお水2ℓで
少しずつ強めにといで、



黒砂糖大さじ6、
天然塩小さじ4を混ぜながら
2ℓペットボトルに入れて、

蓋を軽く閉めて、
日当たりのいい窓際に。

一日一回は振るといいみたい。

うまく育つといいなぁ♪
| 趣味 サバイバル | COM(0) | TB(0) |
2012-09-30 (Sun)
きのこさんの本、読みましたよ。


わかりやすくて、ためになって、
すごくスカッとした(^O^)

ここまでずばずば
言ってくれると
気持ちいい。

発酵食品の本当のすごさを
思い知りましたね。

長崎で原爆が爆発したとき、
ある病院では
自家製のお味噌や納豆を
つくっていたとか。

その病院では放射能の障害から
守られたといいます。

日本には素晴らしい
発酵食品の文化があります。

お味噌、納豆、漬物、
日本酒、みりん、お酢などなど。

元々無添加で
天然醸造の調味料が好きでしたが、

改めて好きになりましたね。





Shiroは毎週、
Oisixの宅配を利用しているんですが、
ちょうどお味噌がなくなりそうなんで
探したらいいものがありましたよ。

醸造元角一 土蔵仕込みみそ
原材料 大豆、米、食塩、酒精
■国産原料100%のお味噌
▲醸造元角一 土蔵仕込みみそ
原料として、大豆とお米は国内産、お塩も赤穂産の天塩と、国産原料を100%使用したこだわりのお味噌です。天然醸造ならではの風味豊かな味をぜひお楽しみください。

■飛騨高山の天然醸造味噌
昔から飛騨高山は味噌造りに最適の地といわれてきました。澄んだ空気、清らかな北アルプスの雪どけ水、厳しい冬の寒さ・・・そんな高山の地で味噌を造り続けて百余年、昔ながらの製法で飛騨の大自然をそのまま木桶に仕込みました。 厳選された丸大豆と米こうじをたっぷりと使った、豊かな気候風土から醸し出された天然醸造味噌です。

土蔵、木樽の天然醸造。
これいいかも~

市販の普通のお味噌は
死んでいる味噌が多いので
生きて呼吸している
天然醸造のお味噌を買っています。

幸い、近所のスーパーには
そういういいお味噌もあるので
スーパーで買っていましたが、
木樽醸造のお味噌はなかったような?

あとはわら納豆もいいなと思いました。
【中粒】国産わら納豆
■昔懐かしい「わら巻き」の納豆
▲【中粒】国産わら納豆
熊本県産の契約栽培の大豆100%で、におい控えめの納豆をつくりました。「においが苦手」という方でもおいしくお召し上がりいただけます。昔懐かしいわらつとに包まれた納豆です。
【注意】この商品は、納豆をビニールに包んだ状態で藁に入れております。納豆を包んでいるビニールには、無数の小さな穴が開いておりますので、ビニール内の納豆に、わらが持つ納豆発酵菌がきちんと作用しております。

きのこさんの本に
詳しく書いてありますが、

稲わらには天然の納豆菌がいて、
条件さえそろえば
納豆になるんですよ。

日本には身近な菌を賢く利用する
素晴らしい文化があるのに、
今の安いお味噌や納豆は
どうなんでしょうね。

こちらは楽天のわら納豆。
Oisixのよりは高いです。



続きで発酵食品が今、なぜ必要か
簡単に書いちゃいます。
>> ReadMore
| 趣味 サバイバル | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。