12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-05-16 (Mon)
次の日、お友達からの情報で、
MacとMacを
ターゲットディスクモードで
接続する方法を知りました。

ターゲットディスクモードは、
2台のMacをFirewire接続して、
ターゲットにしたMacを
ハードディスクとして
扱うというものです。

起動できなくなった
iMacのデータを
ターゲットディスクモードによって
救出してみることにしました。

方法は・・・

iMac G5のデータを
iBook G4 に
コピーする場合です。

iMacとiBookは
Firewire接続しておきます。

iBookの記録容量が少ないので、
外付けの80GBハードディスクを
接続します。

①iBookの電源を先に入れておきます。

②キーボードのTを押しながら、
iMacの電源を入れます。
 ハードディスクのマークが
 ディスプレイに表示されたら
 手を離します。

③iBookに
 外部ハードディスクアイコンが
 表示されます。
 これがiMacのハードディスクデータです。

④iMacのデータを救出(iBookにコピー)
 していきます。
 今回はiBookの記憶容量不足のため、
 iBookに80GBの外付けハードディスクを
 接続し、コピーしてみました。


ターゲットディスクモードで
iBookを介して、
iMacのデータを
バックアップ
していることになりますね。

iMacの画像データ、
音楽データ、
書類(ドキュメント)データ

などなど

救出していきました。

データ量がかなりあり、
また、iBookのパワー不足もあり、
丸一日かかりました

iMacは無理なバージョンアップのため、
壊れてしまったみたい。。。

Macに詳しいお友達に
見てもらうと、

内部エラーが起こっていて、
ハードディスクか何か、
重要なところがおかしいそうです

いよいよ買い替えの
ときでしょうかね・・・
関連記事
| 趣味 Mac | COM(0) | TB(0) |
コメント















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。