123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-07-03 (Wed)
消費者って言葉、
前から嫌いなんですよね。

マーケティングのビジネス本を
読んでいた時期がありましたが、

結局のところ、

さまざまな世代の消費者に
世代に合わせて、
性別に合わせて、

流行を仕掛けて
マーケティングという名の
ある意味ナチュラルな洗脳!?をして

自発的に買ってもらう

消費者は知らず知らずのうちに
狩りの本能を刺激されて
買ってしまうという

そんなマーケティングの
仕組みとテクニックが
いろいろ書いてある本でしたね。

本の名前は忘れましたが

キーワードは
懐かしさ
狩りの本能
フレッシュな性の刺激

みたいな感じ。

本の中で比較になるのは
商店街的な店舗とコンビニ

昭和的な商店街店舗では
店員さんが待ち構えいて
買って買ってとアプローチするので
狩りの本能が刺激されない

コンビニは
若い店員が(そうじゃないこともあるけど)
短期間で変わり、
忙しそうに動いている
(ひまなときは止まっていますが)
たくさんの商品が並んでいて
狩りと性の本能が刺激されて
買いたくなるって感じ。

懐かしさは
それぞれの年代が
懐かしいと感じるものを
またコレクションしたくなる心理を
ついたテクニックだったかな?

Shiroも買い物好きだし、
きっとマーケティングの餌食になっていると
思いますが、

消費者であるよりも
創造者になりたいと最近よく思います。
消費者の対義語で
創造者って書いたんですが、
いわゆるクリエイターですね。

人間一人ひとり
もって生まれた才能や特技、
趣味は違いますよね。

もしお金という
制度がなかったとしたら、

必要なものはみんな自分の家庭で
あるいは自分の町で作って
(昔でいうムラですね)
お互いに
物々交換するのではないでしょうか?

物を交換する券がお金。
お金がなければ必要な物が
手に入らない世界って、

当たり前になっているけど、
不自然な世界なのかもしれません。

これってオタクっぽい発想なのかも?
しれませんが、

『欲しいものはつくっちゃおう!』
っていうのが、
これからの時代に必要なのではないかな。

例えば無農薬の野菜食べたいのなら、
プランターや庭の片隅で
つくっちゃう。

無添加の化粧水欲しかったら
それもつくっちゃう。

で、つくれないなら、
つくれる人を探して
自分のつくった物と交換する。

そんな世界があったら
おもしろいのになって
最近思うのです(*^^)v

もし消費者として生きるなら、
賢い消費者でありたい。

ホンモノの製品をつくっている
本物の善意のある会社や
生産者から
買いたいものです。

たくさんの消費者が
賢くなったら
いろんな企業も
いい方向に変わって
本物をつくるかもしれません(^^♪
関連記事
| 趣味 サバイバル | COM(0) | TB(0) |
コメント















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。