12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-07-05 (Mon)
ヤンキー君とメガネちゃん(1)

ヤンキー君とメガネちゃん(1)

価格:円(税込、送料込)



6月25日(金)に、毎週楽しみにしていたヤンキー君とメガネちゃんが終わってしまいましたが、まだハマッてます
最近、時間があるとヤンキー君とメガネちゃん(週間少年マガジン 原作 :吉河美希)を読んでます。久しぶりにマンガにハマりました。

始まる前の番宣や予告で「おもしろそう!」って思い、
ストーリー的に、マンガ原作かなーっと思ながら、
「やっぱ、おもしろい!」と旦那共々ハマリまして、毎週笑いながら見てました。

品川大地はヤンキーだけど、仲間思いで、意外に優しいし、実は数学ができるし・・・
足立花は一見マジメな優等生に見えるけど、実は最強のヤンキーで、最強に頭悪くて、天然だし・・・

他のキャラも個性的でおかしげなのが、わらわらと出てきて・・・
(原作はドラマよりもキャラがたくさん出てきます)

笑えるけど、暖かみのある、そんなドラマ、そんなマンガです。

ヒロインの仲里依紗ちゃんもめちゃかわいいし、おもしろいし、すっかりファンになりました。大地役の成宮寛貴クンが彼女を恐竜とか動物みたいと例えていましたが、確かにそうっ動物的だな

どのキャラもマンガと俳優さんのイメージがぴったりで、マンガのキャラがそのまま実体化したような錯覚がありますね。(堺先生はイメージ違うけど、谷村新司さん出せなかったのかな?やっぱり)


ドラマ放映中から、DoCoMoのiモードサイト『講談社コミックプラス』でちびちびと原作を読んでいたのですが、iモードのは12巻までしかないんです!今、18巻まで出てるのに!
ヤンキー君とメガネちゃん(18)

ヤンキー君とメガネちゃん(18)

価格:円(税込、送料込)



パソコンの講談社コミックプラスには14巻までありました。で、家のパソコンで14巻まで読みましたが、やっぱり最新刊まで一気読みしたくて、マンガ喫茶まで出掛けました最初から行けばよかったかな・・・
関連記事
| 趣味 テレビ、映画、本、音楽 | COM(0) | TB(0) |
コメント















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。