12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-05-28 (Fri)
5月28日の金スマで、工藤夕貴の農業生活の特集をしていましたね。

小学生で芸能界デビュー、アイドルを経て、中学生で実力派女優となり、16歳でハリウッド進出。
でも、ハリウッドはとても厳しい世界だった。



ミステリートレインに出演するも、仕事の依頼は全く来ない。オーディションに何回も挑戦するが、一本の映画出演程度では無名扱い。落選が続き、すっかり自信を無くした工藤夕貴は、憂鬱な日々を送っていた。

そんなときに野菜づくりを自分の庭で始めた。土に触れていると癒される自分を発見したのだった。

ハリウッドの家を売り、富士山麓の土地を購入。新居ができるまで敷地内のプレハブ小屋に住みながら、荒れた土地の開墾を地道にしていった。夏はガマンできないほど暑く、冬は乾かさなかった髪が凍るほど寒いプレハブの生活であった。

800坪の畑を開墾、60種類の作物をつくり、無農薬、有機栽培を徹底し、米は合鴨農法でつくっている。
自宅の隣に「カフェ ナチュレ」というカフェもオープンし、オーガニックなスパイスと野菜だけでつくったカレーは彼女の自信作で、とても美味しく、不思議な味のようだ。

しっかりした、英語のできる女優さんというイメージでしたが、こんな素敵な人だったなんて!
耕耘機での田植えは手慣れたものでしたね。
雑草も食べられるものがたくさんあることも知ることができました。
女優というお仕事以外に、オーガニック農業という生きがいを見つけた工藤夕貴はとても幸せそうで輝いていました。
どん底を味わったからこそ、素晴らしい生き方を見いだせたのでしょう。

29日から座頭市も公開ですね。新しい座頭市はどんなものか、期待してます。
関連記事
| エコ ガーデニング、農業 | COM(1) | TB(0) |
コメント

















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。