123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-01-17 (Mon)
参鶏湯

ガストの冬の新メニュー、
骨付き鶏のとろとろ煮込みスープ鍋
参鶏湯風(半玉うどん入り)

これで628円(税込み)
安いし、激うまっ

韓国の代表的なスープ料理をガスト風にアレンジ。生姜を効かせたスープで骨付きもも肉をお箸でほぐれるくらいまでやわらかく煮込みました。骨付き肉を煮込むことにより、鶏の旨みがスープと一体になり、クセになる味わいです。自家製豆腐、半玉うどん、ねぎも入っておいしさ満点、栄養満点のおすすめメニューです。

鶏のだしが効いている濃厚スープ、
ほわりとほぐれる柔らかな鶏肉、
豆腐やうどんもよく煮込まれていて、
あつあつで温もります。

トッピングには、
ネギ、なつめ、プルーンが入ってます。

極め付けは高麗人参の根っこがそのまま
入っていること。

粉末茶や濃縮茶なら
今まで飲んだことはありますが、
高麗人参そのものを食べたのは初めてでした。

高麗人参の味そのままで、
クセがある味わい。

でもそれがクセになりそう・・・

参鶏湯って、韓国では
夏の滋養強壮食なんですって。
日本でいえば、
土用のうなぎのようなもので、

鶏肉をまるごとを使い、
中に高麗人参、もち米、干しナツメ、
栗、松の実、ニンニクなどを入れて、
ぐつぐつ煮込んだスープなんだとか。

今回、おいしさのあまり、
写真を撮るのを忘れました
また次回食べたときにアップしまーす
関連記事
| おでかけ グルメ | COM(0) | TB(0) |
コメント















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。